臨床プロテオミクス バイオマーカー探索から個別化医療へ

バイオマーカー・個別化医療を研究する臨床医・研究者必読!

編 集 日本臨床プロテオーム研究会
定 価 10,800円
(10,000円+税)
発行日 2012/05/15
ISBN 978-4-307-00470-1

B5判・400頁・図数:162枚・カラー図数:6枚

在庫状況 あり

薬効、予後、副作用を予測するバイオマーカーを探索し、個別化医療を実現するための臨床プロテオーム研究を志す臨床医・研究者はここ数年増えている。本書の目的は、臨床研究をこれから始める臨床医・研究者に臨床プロテオミクスの基本的理解を促すこと、現在すでに研究を実施している臨床医・研究者に解析戦略のロードマップを提供することにある。第一線で活躍する研究者たちによって解説された、臨床プロテオミクスにおける座右の書。
第1章 臨床プロテオ−ムとバイオマ−カ−
 1.総論
 2.バイオマ−カ−概論
 3.バイオマ−カ−各論
 4.プロテオミクス・バイオマ−カ−

第2章 臨床研究としてのプロテオミクス
 1.総論
 2.解析デザイン
 3.臨床プロテオミクスのロ−ドマップ

第3章 臨床試料の取り扱い
 1.総論
 2.血液(血漿)および生体液
 3.尿
 4.手術生組織
 5.病理組織標本
 6.疾患由来細胞株
 7.新規固定化処理(Heat Stabilization)組織

第4章 解析方法および技術
 1.総論:解析戦術としてのツ−ル選択─新薬開発のためのバイオマ−カ−研究に期待される質量分析─
 2.探索的解析手法
  1)総論
  2)二次元電気泳動
  (1)基礎
  (2)蛍光二次元電計泳動法
  3)MALDI質量分析法
  4)液体クロマトグラフィ−ESI-質量分析法
  (1)ショットガン解析
  (2)リン酸化ペプチド分離解析
  5)プロテインチップ
  6)抗体プロテオミクス技術
 3.検証的解析手法
  1)総論
  2)抗体検証実験
  3)SRMアッセイ法
  (1)SRM-MSの基礎と原理
  (2)腎臓研究におけるSRMアッセイ応用例
  (3)EGFRシグナル伝達パスウェイの定量解析
  4)免疫アフィニティ−質量分析アッセイ法(MSIA)

第5章 比較解析手法とバイオインフォマティクス
 1.総論
 2.半定量比較解析
 3.有意性評価のバイオインフォマティクス
 4.いくつかの統計検定
 5.パスウェイ解析
  1)MetaCoreTM
  2)Ingenuity(R) Pathways Analysis(IPA(R))
  3)ProteinCenterTM

第6章 疾患と翻訳後修飾解析
 1.総論─翻訳後修飾と疾患─
 2.リン酸化
  1)リン酸化ペプチド・タンパク質の濃縮法
  2)Phos-tagゲルによるリン酸化タンパク質の分離・同定法
  3疾患糖鎖バイオマ−カ−解析

第7章 薬剤応答性バイオマ−カ−研究
 1.総論

第8章 分子イメ−ジングと医療
 1.総論
 2.臨床材料を用いたMSイメ−ジング解析
 3.新規MSイメ−ジング技術
 4.MSイメ−ジングによる薬剤の局在解析

第9章 研究例
 1.総論
 2.肺癌
 3.乳癌
 4.前立腺癌
 5.血漿を用いた膵癌早期診断マ−カ−探索
 6.FFPE組織を用いた胆管癌・膵癌のバイオマ−カ−探索
 7.腎癌
 8.肝癌
 9.慢性閉塞性肺疾患(COPD)
 10.大腸癌
 11.脳腫瘍
 12.先天性グリコシル化異常症(CDG)

索引