形成外科診療ガイドライン2 急性創傷/瘢痕ケロイド 急性創傷/感染創/ケロイド・肥厚性瘢痕

EBM視点で初めて作成された形成外科領域の診療ガイドライン。

編 集 日本形成外科学会 / 日本創傷外科学会 / 日本頭蓋顎顔面外科学会
定 価 3,780円
(3,500円+税)
発行日 2015/04/10
ISBN 978-4-307-25715-2

B5判・188頁

在庫状況 あり

「本巻は3編で構成される。「I編:急性創傷診療」は「切創、裂創、擦過創、刺創、異II編:感染創診療」は、共通の「感染創の基本事項」を設け、重篤化するとやっかいな疾患、初期治療で重篤化を回避したい疾患を挙げた。「III編:ケロイド・肥厚性瘢痕診療」は「ケロイド」「肥厚性瘢痕」「瘢痕拘縮」「露出部位」の4項目に分けた。


ガイドライン作成にあたって
ガイドラインについて
第I編 急性創傷診療ガイドライン
作成にあたって
1章 切創、裂創、擦過創、刺創、異物(汚染のない創)
 はじめに
 1.検 査
 2.保存的治療
 3.外科的治療
2章 挫滅創・汚染創
 はじめに
 1.検 査
 2.保存的治療
 3.外科的治療
3章 皮膚欠損創,剥脱創
 はじめに
 1.検 査
 2.保存的治療
 3.外科的治療
4章 切断創
 はじめに
 1.検 査
 2.保存的治療
 3.外科的治療

5章 動物咬傷
 はじめに
 1.検 査
 2.保存的治療
 3.外科的治療

第II編 感染創診療ガイドライン
作成にあたって
1章 感染創の基本事項
 はじめに
 1.診 断
 2.治 療

2章 蜂窩織炎
 はじめに
 1.診 断
 2.治 療

3章 壊死性軟部組織感染症
 はじめに
 1.診 断
 2.治 療

4章 骨髄炎
 はじめに
 1.診 断
 2.治 療

5章 Toxic Shock Syndrome(TSS)
 はじめに
 1.診 断
 2.治 療

6章 陥入爪・巻き爪
 はじめに
 1.陥入爪
 2.巻き爪(弯曲爪)

第III編 ケロイド・肥厚性瘢痕診療ガイドライン
作成にあたって
1章 ケロイド
 はじめに
 1.診 断
 2.治 療
 3.予 後

2章 肥厚性瘢痕
 はじめに
 1.診 断
 2.治 療
 3.予 防
3章 瘢痕拘縮
 1.診 断
 2.治 療
 3.予防・再発防止

4章 露出部位の瘢痕
 はじめに
 1.診 断
 2.治 療
 3.予防・予後