外来がん化学療法看護ガイドライン1 2014年版 第2版 抗がん剤の血管外漏出およびデバイス合併症の予防・早期発見・対処

抗がん剤の血管外漏出に関するガイドライン、待望の改訂版!

編 集 日本がん看護学会
定 価 2,052円
(1,900円+税)
発行日 2014/02/10
ISBN 978-4-307-70197-6

B5判・96頁

在庫状況 あり

近年、がん化学療法は通院で行うことが主流となり、外来での高い安全性が求められている。なかでも抗がん剤投与時の血管外漏出は最も避けなければならない有害事象である。本ガイドラインは、予防・早期発見・対処を主眼に2009年に初版が刊行され、その高い信頼性から確実に臨床現場に浸透した。改訂となる2014年版では、09年以降のエビデンスの積み上げ、「中心静脈カテーテル」「皮下埋め込みポート」などのデバイス合併症に関するCQの追加、抗がん剤の分類の見直しなどが行われ、いっそう臨床現場の要望に応えるガイドラインとなっている。
薬剤一覧(抗がん剤)
薬剤一覧(その他薬剤)
要約

第1章■ガイドラインの概要
 I ガイドライン開発の背景
 II 目的
 III 基盤となる概念
 IV 本ガイドラインの対象集団
 V 本ガイドラインの利用者
 VI 使用上の注意事項および本ガイドラインの特徴
 VII 作成の方法,過程
   1.外来がん化学療法における看護の構造的・機能的要素の抽出
   2.ワ−キンググル−プならびにレビュ−パネルの組織化
   3.文献検索法
   4.文献の批判的吟味
   5.エビデンス・テ−ブルの作成
   6.推奨度の決定
   7.ガイドライン試案の作成
   8.外部評価
   9.改版の外部評価
   10.初版完成
 VIII 改訂
 IX 資金
 X 用語の定義

第2章■文献情報の集約
   1.文献検索結果
   2.改版ガイドラインの検索結果

第3章■推奨と解説
 I 推奨リスト
 II 推奨と解説
   1.安全な実施環境を整える
   2.静脈確保のためのアセスメント
   3.抗がん剤の確実な注入方法
   4.EVの早期発見に必要なアセスメントとセルフケアの促進
   5.抗がん剤投与終了時のEV予防のための処置
   6.EVからの組織侵襲回復の治療・ケアとその効果
   7.EVからの組織侵襲回復に向けたセルフケア推進
   8.中心静脈留置カテ−テルや皮下埋め込みポ−トからの抗がん剤の安全な投与

文献
資料
 資料1 アウトカムモデルに基づく「外来がん化学療法における看護」の構造的・機能的要素
 資料2 エビデンス検討シ−トと評価表
 資料3 エビデンスのレベルと推奨度分類
 資料4 Word版評価シ−トを用いた批判的吟味の具体的流れについて
索引