小児科

小児血液疾患における治療法の進歩

2007年06月号(48巻 07号)

企 画
定 価 2,592円
(本体2,400円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 小児血液疾患における治療法の進歩
1. 急性リンパ性白血病
花田 良二
2. 急性骨髄性白血病
多和 昭雄
3. 乳児白血病
合井 久美子
4. 再生不良性貧血
小林 良二
5. 特発性血小板減少性紫斑病
瀧 正志
6. 播種性血管内血液凝固症候群
白幡 聡
7. 血球貪食症候群の病態と治療
石井 榮一
■目で見る小児科
腹痛発作で診断した先天性胆道拡張症,膵胆管合流異常症の1例
大久保 淳
■綜説
小児救急医療におけるトリアージ
清水 直樹
臨床医学における統計の読み方 −ブルストル王立小児病院・術後過剰死亡の事例に学ぶ−
浦島 充佳
■診療
小児気管支喘息治療におけるテオフィリンの問題点と適正使用
岡田 邦之
■小児保健
保育園における食物アレルギーの実態と対応
伊藤 玲子
■オピニオン
当直は勤務時間にカウントされないのか
江原 朗
■症例
著しい身長増加に気づかれながら3年間診断されなかった甲状腺機能亢進症の1例
? 忠宏
高サイトカイン血症を呈しステロイド治療が有効であったマイコプラズマ感染症の3例
河村 歩
■最近の外国業績より
免疫
日本医科大学小児科学教室