小児科

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2005のポイント

2006年06月号(47巻 07号)

企 画
定 価 2,592円
(本体2,400円+税)
在庫状況 絶版
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2005のポイント
1. 重症度判定のポイント
西牟田 敏之
2. 急性発作への対応のポイント
宇理須 厚雄
3. 長期管理の薬物療法のポイント
井上 壽茂
4. 乳児喘息に対する薬物療法 −長期管理のポイント−
眞弓 光文
5. 乳児喘息に対する薬物療法 −急性発作時のポイント−
吉原 重美
■目で見る小児科
急性肝不全にて発症したWilson病の1例
西浦 博史
■綜説
蚊刺過敏症とEBウイルス感染症
山本 剛伸
亜急性硬化性全脳炎に対するリバビリン療法
細矢 光亮
■診療
乳児期から学童期にみられる心配のない脳波異常
西村 敏
小児human metapneumovirusおよびrespiratory syncytial virus感染症の臨床像の比較
高橋 豊
母乳性血便症
永田 智
小児用タクロリムス軟膏の使い方
本田 まり子
■小児保健
乳幼児視力障害の早期発見
横山 利幸
■社会小児科学
病院1施設あたりの小児科医の数はどう変化してきたのか:都道府県別に病院あたりの小児科医の数を解析する
江原 朗
■経験
殺虫剤による自殺企図の1女児例
長谷川 友香
■症例
マイコプラズマ感染症後に急性小脳失調症を発症した1例 −脳血流シンチグラフィ(99mTc-ECD)画像の検討−
國吉 保孝
著明な貧血,高ナトリウム血症をきたした常染色体優性遺伝性腎性尿崩症の1女児例
勝島 由利子
●最近の外国業績より
免疫
日本医科大学小児科学教室