産婦人科の実際

妊娠中に発見された悪性腫瘍の取扱い

2008年04月号(57巻 04号)

企 画 小西 郁生
定 価 2,808円
(本体2,600円+税)
在庫状況 なし
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特殊 妊娠中に発見された悪性腫瘍の取り扱い
1. 妊娠に合併する悪性腫瘍 −Overview−
牛嶋 順子
2. 妊娠中のがん化学療法に関する知識
小見 英夫
3. パピローマウイルス(HPV)感染妊婦の取り扱い −尖圭コンジローマ合併妊婦を中心に−
川名 敬
4. 子宮頸部異形成 −上皮内癌に対する取り扱い
沖 明典
5. 子宮頸癌Ia期に対する円錐切除
藤井 多久磨
6. 子宮頸癌Ib期以上の取り扱い
渡部 洋
7. 妊娠と絨毛性疾患 −胎児共存奇胎の診断と管理−
松井 英雄
8. 妊娠に合併する卵巣腫瘍の診断と治療
橋本 朋子
9. 卵巣癌および境界悪性腫瘍の取り扱い
土居 大祐
10. 卵巣悪性胚細胞腫瘍の取り扱い
青木 陽一
11. 妊娠中に発見される乳癌
山城 大泰
12. 妊娠中に発見される消化器がん
池田 泰裕
13. 妊娠中に発見される血液がん
近藤 朱音
14. 妊娠中に発見される脳腫瘍
芦田 敬
■シリーズで学ぶ最新知識
産婦人科領域の病理診断における免疫組織化学 2. 子宮(1)
清川 貴子
■連載:産婦人科医師不足の問題点と対策
10. 産婦人科医師不足と周産期救急搬送
中井 章人
■原著
妊娠高血圧症候群におけるハプトグロビンと遊離ヘモグロビンの検討
金井 誠
■診療
風疹IgM抗体陽性妊婦の管理について
川名 尚
双胎間輸血症候群(TTTS)のレーザー治療症例における妊娠32週未満分娩例の検討
林 聡
■臨床経験
妊娠初期に認めたNuchal translucency(NT)症例の検討
佐村 修
当センターにおける生殖医療後の多胎分娩の現状
安藤 一道
ICSIにより得られたサル胚盤胞におけるインプリンティング遺伝子発現
藤本 晃久
■症例
MRIが有用であった妊娠,産褥子癇の3例
清水 美幸
■海外文献から
ホルモン補充療法と卵巣癌
熊本大学産科婦人科
米国の高齢者における性機能と健康に関する研究
熊本大学産科婦人科