産婦人科の実際

生殖医学のニューアスペクト

2006年02月号(55巻 02号)

企 画 片寄 治男
定 価 2,808円
(本体2,600円+税)
在庫状況 絶版
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 生殖医学のニューアスペクト
1. 精子形成遺伝子
宮本 敏伸
2. 精子核クロマチン異常と受精障害
林 章太郎
3. ARTにおける精子の機能評価とそれを指標とした精子分離
兼子 智
4. 精子中心体機能と受精障害
中村 聡一
5. 配偶子の体外操作が惹起する染色体異常
立野 裕幸
6. 電気化学的イメージング技術を応用した胚のクオリティー評価
阿部 宏之
7. 卵巣の凍結保存
長谷川 昭子
8. 不妊症にかかわる子宮腺筋症の対策
原田 省
9. メタボリックシンドロームと多嚢胞性卵巣症候群
松崎 利也
10. ARTに伴う妊娠の臨床的問題
三浦 清徳
■シリーズで学ぶ最新知識
中高年女性の代謝的特性
1. 肥満
倉智 博久
■診療
妊娠中の虫垂炎が母児に与える影響
平吹 信弥
免疫グロブリンを用いた先天性ウイルス感染症に対する胎児治療:多施設研究の提案
山田 秀人
腹腔鏡下子宮筋腫核出術後の術後妊娠と分娩転帰
熊切 順
アロマターゼ阻害剤使用による体外受精の検討
森若 治
■臨床経験
体外受精反復不成功例に対するmetformin療法の有効性とその適応
近藤 憲一
RNA interferenceによるHPV陽性子宮頸癌に対する新しい遺伝子治療 −標的配列部位による増殖抑制効果の差異の検討−
吉野内 光夫
■症例
ARDSに陥りながらも救命し得た急性妊娠性脂肪肝の一例
古俣 大
■海外文献紹介
胞状奇胎掻爬後のhCG値とGTN発症リスク
鹿児島大学医学部産婦人科
小児における付属器捻転の保存療法の長期予後
鹿児島大学医学部産婦人科