眼科

極小切開白内障手術

2006年12月号(48巻 13号)

企 画
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 絶版
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 極小切開白内障手術
序論
谷原 秀信
1. 水流動態からみたBimanual PhacoとCo-axial Phacoの違い
三戸岡 克哉
2. Bimanual Phacoで極小切開手術を行ううえでの注意点
大内 雅之
3. Co-axial Phacoで極小切開手術を行ううえでの注意点
藤原 貴光
4. 硝子体手術における水晶体摘出法としてのBimanual Phaco
田中 孝男
5. 2mm前後の創口からの眼内レンズ挿入法
常岡 ?
■展望
眼瞼・眼窩・涙器の展望 −2003年度−
矢部 比呂夫
網膜の展望 −2)変性疾患,2004年度−
小畑 亮
■綜説
アレルギー性結膜疾患に対する新しい抗アレルギー治療
庄司 純
■診療ノート
当院における白内障手術時水晶体核落下例の検討
武藤 哲也
■網膜硝子体手術メンタル編
99. スケペンス先生の生き方
出田 秀尚
■後眼部疾患
黄斑に新生血管をきたす疾患(特発性脈絡膜新生血管症,強度近視性新生血管黄斑症,網膜色素線条)
向井 亮
■ケースノート
両眼動眼神経麻痺による麻痺性外斜視に対する斜視手術
牧野 伸二