眼科

院内感染・医原性感染

2006年05月号(48巻 05号)

企 画
定 価 2,916円
(本体2,700円+税)
在庫状況 絶版
  • 定期購読のご案内
  • 次号予告
  • 最新号
  • 投稿規定
  • 臨時増刊号一覧

特集 院内感染・医原性感染
■序論
谷原 秀信
1. 流行性角結膜炎とガイドライン
安積 淳
2. 白内障手術後の感染症
三戸岡 克哉
3. 濾過手術後の感染症の現状と対策
望月 清文
4. 網膜硝子体手術後の感染症
堀尾 直市
5. 術者(手洗い)と術野の消毒
太田 一郎
■展望
視覚電気生理の展望 −1)眼科診断学,2003−
島田 佳明
■綜説
非感染性角膜潰瘍 −病態に関する最近の知見−
崎元 暢
■診療ノート
Retinal angiomatous proliferationへの光線力学的療法の治療経験
松本 英孝
■黄頁の知識
点眼薬と防腐剤
所 敬
LASIKとkeratectasia(角膜拡張症)
小口 芳久
■眼科医のための病理学
55. 目に見えないもの −免疫組織化学−
小幡 博人
■ケースノート
眼所見を認めたブルートゥー症候群の1例
番 裕美子
■私の経験
眼窩MALTリンパ腫に対して内服による化学療法を行った1例
石橋 生朗