産婦人科の実際 投稿規定

執筆論文

産婦人科に関連する領域の原稿で,すべて実地臨床に沿った論文に限ります。他誌への投稿中の論文は御遠慮下さい。

原稿の採否について

  • 原稿の採否は編集委員会にて決定されます。
  • 編集委員会の方針に従って,原稿の加筆・削除・改稿をお願いすることがあります。
  • 査読後、採否の結果をご通知いたします(不採用となった場合のみ,原稿をお返しします)。
  • 掲載料は原則として無料です。

論文の種類と原稿枚数

今日の話題:20枚,総説:20枚,原著:20枚,診療:20枚,臨床経験:20枚,治験:20枚,症例:15枚
図表原稿も上記枚数に含みます。
なお,論文の掲載欄は,編集委員会で決定させていただきます。

論文の書き方

  • 原稿は,平仮名まじりの口語体,新かなづかいの横書きとし,パソコンで入力して下さい。
  • プリントアウト(B5またはA4判の用紙)もご送付願います。
  • 文字データ(本文,要旨,文献等)はテキスト形式(Mac,Winどちらでも可)で保存して,メディアを必ずご送付下さい。写真・図はプリントアウトとともにJPEG,BMP等で保存したメディアを必ずご送付下さい(いずれもオリジナルデータは必ずお手元に保管し,当方にはコピーをご送付願います)。使用機種名・ソフトウェア名を明記して下さい。
  • 原稿用紙の表紙に,表題・著者名(9名までとし,読み仮名を英文で記述する)・所属・役職の順で明記(共著の際は校正者を必ず指定)して下さい。
  • 原稿には250字の要旨をつけて下さい。
  • 記述の順序:「はじめに」「おわりに」を記載して下さい。
  • 用語:本文,図表,図表説明文とも原則として日本語を使用して下さい。ただし,外国人名は原名のまま表記して下さい。不必要な英語表現は極力避けて下さい。また,欧語使用の場合は,固有名詞の頭文字・ドイツ語の名詞の頭文字以外はすべて小文字を使用して下さい。算用数字を用い,単位はSI単位、年号は原則として西暦を使用して下さい。

文献の記載法

  • 文献は引用順(本文出現順)に配列し,本文中の引用箇所には文献番号ルビを付けて下さい。
  • 文献著者名は2名まで並記,3名以上の場合は筆頭者以外を「ほか」または「et al」で括って下さい。雑誌名の略称はIndex Medicusや医学中央雑誌を参考にして下さい。
  • 【雑誌の場合】
    文献番号)執筆者名:論文表題.雑誌名(略称で)○○巻:始頁-終頁,発行年
    【書籍の場合】
    文献番号)執筆者名:表題,書籍名,○○巻または版数,始頁-終頁,出版社名,発行年

    図・表・写真について

    • 図表は各々1点を原稿用紙(400文字)1枚に換算します。
    • 図表はできる限りオリジナルのものをご用意下さい。
    • 図表の挿入個所を原稿本文(原稿本文には記入せずに)の右側欄外に赤字でご指示下さい。
    • 図(表を含む)は原稿本文とは別の用紙に貼り付けて下さい。
    • 図および表を他誌より引用される場合は,出典を必ず明記して下さい。なお,出版元・原著者への許諾は予め筆者においてご交渉をお願いいたします【文献・図表の引用は十分な配慮をお願いいたします】。
    • 図表のタイトルは上段に,説明は下段にご記入下さい。
    • 図,表および写真は,本文中に貼りつけず,必ず1枚ずつ別紙に添付して下さい。
    • 写真:組写真(合成写真)は,各々1枚ずつプリントして下さい。矢印・記号等は直接写真に焼き込まず,トレーシングペーパーに書き込み,ずれないように写真に貼り付けて下さい。

    校正について

    原稿の校正は,初校を著者校とします。校正に際しては文章の大幅な書き換え,追加,図表の移動などはご遠慮下さい。

    別刷および贈呈誌について

    • 別刷は30部まで無料とします。それ以上については10部単位で承りますが,実費を著者負担とします。
    • 論文筆頭者に掲載誌を1部贈呈いたします。

    お問い合わせ・原稿送付先

    〒113-0034
    東京都文京区湯島2丁目31番14号
    金原出版株式会社
    雑誌部「産婦人科の実際」編集室
    TEL 03-3811-7165・FAX 03-3813-0288
    e-mail: