実践!フィジカルアセスメント 改訂第3版 看護者としての基礎技術

7年振りの改訂!!フィジカル・アセスメントの技術を学び看護実践にいかすために!!

監 修 小野田 千枝子
編 集 高橋 照子 / 芳賀 佐和子 / 佐藤 冨美子
定 価 4,104円
(3,800円+税)
発行日 2008/03/20
ISBN 978-4-307-70188-4

A4判・192頁・図数:273枚・カラー図数:2枚

在庫状況 あり

2007年には看護基礎教育のカリキュラム改訂が行われ、基礎看護学の学習に「フィジカル・アセスメントを強化する内容とする」と明記された。このような看護界の変化や読者の声を取り入れ、次の点に留意し改訂を進めた。


1. 本書で取り上げているフィジカル・アセスメント技術の対象年齢は、「10歳以上」であるが、高齢者に関するアセスメントについて多くの質問がよせられたため、高齢者に関するアセスメントについて大幅に加筆した。

2. 第III章「フィジカル・アセスメントの実際」では、ページのスタイルを変更し、「チェックポイントと判断のめやす」の項目を新たに立て、アセスメントの結果をどのように判断するかという視点を強化した。

3. 学生や現任者がフィジカル・アセスメント技術を身につけやすくするためのサポートとして、第IV章「フィジカル・アセスメントのスキルアップ情報」を新設した。内容は、フィジカル・アセスメントを学ぶために必要な、ベーシックな解剖学的知識を自分の身体で再確認する楽しいドリル『事前学習課題』とスキルアップを助ける『技術習得のための教材例』である。
I. 看護におけるフィジカル・アセスメント

1. フィジカル・アセスメントとは
2. 看護のためのフィジカル・アセスメント
3. フィジカルアセスメント技術の修得
II. フィジカル・アセスメントに共通する技術

1. フィジカル・アセスメントの準備
2. フィジカル・アセスメントの4つの基本技術
3. フィジカル・アセスメントの開始から終了までの時間とアセスメントの進め方
"診断セット"について
III. フィジカル・アセスメントの実際

1.健康歴の聴取:系統的レビュー

一般状態
 皮膚・爪
 頭頚部
 眼
 耳
 呼吸器
 心臓・血管系
 乳房・腋窩
 腹部
 筋・骨格
 神経系 
2.一般状態のアセスメント

身体的側面
バイタルサイン
生活習慣
記録例(正常)
血圧分類
アセスメントの根拠 
3.皮膚・爪のアセスメント

皮膚

記録例(正常)
アセスメントの根拠
4.頭頚部のアセスメント

頭部
 頭蓋
 頭皮
 頭髪
 副鼻腔
 顔
 側頭下顎関節
 第V脳神経(三叉神経)
 第IIV脳神経(顔面神経)

 外観
 内部構造
 第I脳神経(嗅覚神経)
口腔
 口唇
 口腔内
 第IX・X脳神経(舌咽・迷走神経)
 第XII脳神経(舌下神経)

 外観
 気管
 甲状腺
 頚静脈拍動
 リンパ節
 頚椎可動域
 第XI脳神経(副神経)
記録例(正常)
前顎洞,上顎洞の誤りやすい触診方法
脳12神経のアセスメント方法
 アセスメントの根拠
5.眼のアセスメント
視神経(第II脳神経)
外眼筋機能(第III、IV、VI脳神経)
外観
 眼瞼
 涙液気管
 眼瞼粘膜
 虹彩
 角膜、前眼房
 強膜、レンズ
 瞳孔
 瞳孔反射(第III脳神経)
網膜
記録例(正常)
アセスメントの根拠

6.耳のアセスメント
聴神経(第VIII脳神経)
外観
外耳,外耳道
記録例(正常)
音叉による聴力のアセスメント
 アセスメントの根拠

7.呼吸器のアセスメント
呼吸器の聴診における聴診器の使い方
打診法(右利きの場合)
胸部形態と外観
 胸郭
 肋骨
 呼吸
 胸郭の拡張
 肺
 振盪音
 打診音
 横隔膜
 呼吸音
 声音伝導
記録例(正常)
アセスメントの根拠 

8.心臓・血管系のアセスメント
心音聴診時の聴診器の使い方
脈拍を触診する場合のポイント
胸部の外観
頚静脈
動脈
振動(スリル)
最大拍動点
心音
記録例(正常)
アセスメントの根拠
9.乳房・腋窩のアセスメント
乳房
乳房(男性)
腋窩
記録例(正常)
アセスメントの根拠

10.腹部のアセスメント
腹部全体
動脈
腸管
肝臓
脾臓
腎臓
記録例(正常)
腹部の異常が疑われる場合のアセスメント
アセスメントの根拠
11.筋・骨格のアセスメント
関節の状態
関節可動域
関節
 すべての関節に共通
 手指の関節
 橈骨手根関節
 肘関節
 肩関節
 胸・腰椎
 股関節
 膝関節
 足関節および足部
四肢の筋力
 全身
 手指
 手首
 前腕部
 上腕部
 下肢
四肢測定時の基準点
脊柱および下肢の形態と歩行
 脊柱の形態
 下肢の形態
 歩行
記録例(正常)
アセスメントの根拠

12.神経系のアセスメント
打腱器
 音叉
深部腱反射
 上腕二頭筋反射
 上腕三頭筋反射
 膝蓋腱反射
 アキレス腱反射
 橈骨腱反射(補助的に行う)
表在反射
 腹壁反射(上方)
 腹壁反射(下方)
 病的反射
 足底反射におけるバビンスキー反射
 クローヌス
表在知覚
 温度覚
 触覚
深部知覚
 振動覚
 深部痛覚
 位置覚
 ロンベルグ試験
複合知覚立体認知
 書画感覚
 二点識別覚
小脳機能
 指鼻試験
 指指試験
 拮抗反復運動
 指先の細かな動き
 手指足指試験
 踵 −すね試験
 8の字試験
記録例(正常)
反射アセスメントの誤りやすい方法
アセスメントの根拠

IV. フィジカル・アセスメントのスキルアップ情報

1.事前学習課題
皮膚・爪
 頭頸部
 眼
 耳
 呼吸器
 心臓・血管系
 乳房・腋窩
 腹部
 筋・骨格
 神経系
2.技術習得のための教材例

 付・記録用紙
 索引