わかりやすい電気メスの本 自分の武器を知る!

知って使えば手術が変わる? 電気メスを基礎から徹底解説!

著 者 桜木 徹
定 価 3,240円
(3,000円+税)
発行日 2014/04/08
ISBN 978-4-307-20325-8

B5判・208頁・図数:197枚・カラー図数:2枚

在庫状況 あり

外科系医師をはじめ、内視鏡手術を行う内科医、臨床工学技士、手術室担当看護師など、電気メスに関わるすべての医療従事者を対象に、電気メスの基礎から実践までをわかりやすく解説した。しっかりと理論を説明しながらも、やわらかい文章と多数の図、さらにマンガも取り入れ、機械が苦手な人でもとっつきやすいように編集。いつも使っているけど、実はよく知らなかった電気メスについて、各メーカーの代表機種を徹底分析!
序章 電気メス(高周波手術装置)に興味のある方へ
 1.金属のメスで直接切れば血が出ます
 2.電気メスのコンセプトは「血を出さないで切る」
 3.雷から放電を考える
 4.ジュ−ル熱とは
  もっと深く!! 1.体内諸臓器の抵抗値を考える

第1章 電気メスはなぜ切れる? 主役はジュ−ル熱、放電は脇役
 1.電流は患者さんの身体の中を流れている
 2.ジュ−ル熱と放電熱
 3.それでは、なぜ切れるか?
 4.電流密度の高い状況がなぜ必要か?
 5.なぜ「連続的な電流」が必要なのか?
  もっと深く!! 2.究極の1点−電気メスの場合はア−ク放電を利用する

第2章 人体はなぜ感電しないのか?
 1.感電とは?
 2.電気メスの電流は高周波を使用している
 3.人体で試してみました
  もっと深く!! 3.どれくらいの周波数の高周波電流を用いなければならないのか?

第3章 そもそも凝固coagulationとは何?
 1.凝固の定義
 2.身近な蛋白質の変性から考えてみよう
 3.熱が細胞に与える影響は?
 4.熱が生体の蛋白質に与える影響まで掘り下げてみよう
  エナジ−・マスタ−への道 1.Media(plasma cloud、 steam envelope)という考え方

第4章 放電凝固 fulgurationの理論 主役は放電熱、ジュ−ル熱はかすんでしまう
 1.放電による凝固モ−ドの基本は断続波である
 2.デュ−ティ−サイクルduty cycleとは?
 3.クレストファクタ−とは?
 4.放電凝固モ−ドでは組織に触れず、高い電圧をかける
  もっと深く!! 4.バジングbuzzingについて
  もっと深く!! 5.飛び込みで考える切開と凝固
  エナジ−・マスタ−への道 2.ソフト凝固SOFT COAGを考えるための基本用語

第5章 ソフト凝固SOFT COAG(無放電凝固)とは?
 1.ソフト凝固SOFT COAGは放電を必要としない
 2.無放電凝固と比較して考えてみる
 3.先端電極としてボ−ル電極、IO電極が有用
 4.エフェクト(電圧)が低いと、凝固層が深くなる
 5.ソフト凝固は万能ではない
  もっと深く!! 6.単極電極による凝固の経時的変化
  エナジ−・マスタ−への道 3.切開Cutと凝固Coagのパラドックス

第6章 近代電気メスの仕組み 電気凝固システムの基本的な回路から考える
 1.一般的な電気メスの仕組み
 2.ラジオがなぜ聞こえるか?から考えてみよう
 3.スパ−クギャップ方式から真空管へ
 4.トランジスタ導入─現在の回路の完成
  もっと深く!! 7.なぜ放電を利用して発振回路がつくれるか?

第7章 なぜVIOは優れているのか?
 1.CPUを搭載した電気凝固システム
 2.VIOの各種モ−ドについて
 3.これがVIOの真骨頂−出力の自動制御
 4.自動制御のアルゴリズム
  もっと深く!! 8.実は電圧も変化している
  もっと深く!! 9.パワ−ピ−クシステム(PPS)とは

第8章 VIOの代表的な各種モ−ド
 1.定格負荷抵抗値とは?
 2.それでは電気メスではどうなっているのか?
 3.それぞれのモ−ドの特徴
  もっと深く!! 10.VIOの定格負荷抵抗はどのように考えるのか?

第9章 ForceTriad エネルギ−プラットフォ−ム
 1.ForceTriadの各種モ−ド
 2.では、Valleylabモ−ドは?動物実験の結果を比較して考えてみる
 3.なぜこのような高いパフォ−マンスが再現可能か?
 4.グラフで見るForceTriadのモ−ド
 5.VIO300Dと比較して考えるForceTriad

第10章 バイポ−ラデバイス
 1.バイポ−ラデバイスの基本的な考え方
 2.VIOのバイポ−ラシステム
 3.BiClamp
 4.LigaSure
 5.ENSEAL
 6.3つのシ−リングデバイスの比較−では、どれを使用するか?
  もっと深く!! 11.RF60接続ENSEALの高い耐圧性を再考察する

第11章 対極板の役割は「縁の下の力持ち」It works behind the scenes!
 1.対極板部位でなぜ熱傷が起こりえるのか?
 2.対極板発展の歴史
 3.ほとんどの対極板は分割型
 4.VIOの対極板の貼付方向は決まっている
 5.他の対極板は、貼る方向を考える必要があるのか?

第12章 電気メスの原理 放電現象を中心に
 1.放電現象とは
 2.ア−ク放電
 3.高周波放電
 4.生体の電気的性質
 5.生体の熱伝導
  もっと深く!! 12.ア−ク放電をさらに深く考えてみる
  エナジ−・マスタ−への道 4.Ecosurgery

最終章 一歩だけ、前に 電気メスの歴史
 1.原始的な止血法と生体物理学としての発見
 2.CushingとBovieの功績
 3.真空管の導入
 4.真空管からトランジスタへ−ソリッドステ−ト型電気メスの到来−
 5.スプレ−モ−ドの創始−電気メス装置に新風を吹き込む−
 6.CPU搭載へ
 7.付属品の発達

年表
参考文献・参考資料
索 引