小児腫瘍組織カラーアトラス 第7巻 胚細胞腫瘍およびその他の臓器特異的希少腫瘍

胚細胞腫瘍および既刊に未収載の臓器の腫瘍を採り上げた完結編!

編 集 日本病理学会小児腫瘍組織分類委員会
定 価 7,560円
(7,000円+税)
発行日 2017/04/27
ISBN 978-4-307-17071-0

B5判・128頁・図数:128枚・カラー図数:146枚

在庫状況 あり

本巻は、さまざまな部位から発生し、多種多様な胚細胞腫瘍をまとめて解説した数少ない成書であった『新訂版 小児腫瘍組織分類図譜 第5篇』の18年ぶりの全面改訂版にあたる。これに、既刊では扱われることがなかった臓器に生ずる小児腫瘍を加え、さらに診療上重要となる二次がんも採り上げた。本巻の刊行により、小児腫瘍の基本的な病理組織画像を網羅する、世界的にもほとんど例を見ないカラーアトラス全7巻が完結した。
はじめに

[1]胚細胞腫瘍 Germ cell tumors
 A.検索材料の取り扱い方
 B.胚細胞腫瘍の組織学的分類
 C.組織学的分類の説明
  I.胚細胞腫瘍 Germ cell tumors
   イ.分類の方針
   ロ.分類の説明
    A)単一型胚細胞腫瘍 Tumors of a single histological type, pure forms
     1.ディスジャーミノーマ/セミノーマ/ジャーミノーマ Dysgerminoma/Seminoma/Germinoma
      付.精母細胞性腫瘍 Spermatocytic tumor
     2.胎児性癌 Embryonal carcinoma
     3.卵黄嚢腫瘍 Yolk sac tumor
     4.絨毛癌 Choriocarcinoma
      付.非絨毛癌性栄養膜細胞腫瘍 Non-choriocarcinomatous trophoblastic tumors
     5.奇形腫 Teratoma
      a)成熟奇形腫 Mature teratoma
      b)未熟奇形腫 Immature teratoma
      c)単一胚葉性奇形腫 Monodermal teratomas
       1)卵巣甲状腺腫 Struma ovarii
       2)カルチノイド Carcinoid
       3)神経外胚葉性腫瘍 Neuroectodermal-type tumors
        付.奇形腫に関連する病変
        (1) 腹膜神経膠腫症 Gliomatosis peritonei
        (2) Growing teratoma syndrome
        (3) 体細胞性悪性成分を伴う奇形腫 Teratoma with somatic-type malignancy
        (4) 奇形腫に併発する脳炎
    B)混合型胚細胞腫瘍 Mixed germ cell tumors
     付.Germ cell neoplasia in situ(GCNIS)
     付.退縮性胚細胞腫瘍 Regressed germ cell tumors
   ハ.発生部位,好発年齢,臨床病期,予後など
    A)単一型胚細胞腫瘍 Tumors of a single histological type, pure forms
     1.ディスジャーミノーマ/セミノーマ/ジャーミノーマ Dysgerminoma/Seminoma/Germinoma
     2.卵黄嚢腫瘍 Yolk sac tumor
     3.奇形腫 Teratoma
    B)混合型胚細胞腫瘍 Mixed germ cell tumors
   ニ.文献的考察
     1.発生母地と原因
     2.分子生物学的所見

[2]その他の臓器特異的希少腫瘍
 A.組織学的分類とその説明
  I.胚細胞腫瘍以外の性腺腫瘍
   イ.分類の方針
    A)性索間質性腫瘍 Sex cord-stromal tumors
    B)性腺芽腫 Gonadoblastoma
    C)その他の性腺腫瘍 Other gonadal tumors
   ロ.病理学的所見の説明と文献的考察
    A)性索間質性腫瘍 Sex cord-stromal tumors
     1.顆粒膜細胞腫 Granulosa cell tumor
      a)若年型顆粒膜細胞腫 Juvenile granulosa cell tumor
      b)成人型顆粒膜細胞腫 Adult granulosa cell tumor
     2.莢膜細胞腫 Thecoma
     3.セルトリ・ライディッヒ細胞腫 Sertoli-Leydig cell tumor
     4.セルトリ細胞腫 Sertoli cell tumor
     5.ライディッヒ細胞腫 Leydig cell tumor
     6.硬化性間質性腫瘍 Sclerosing stromal tumor
     7.輪状細管を伴う性索腫瘍 Sex cord tumor with annular tubules(SCTAT)
     8.混合型または分類不能型 Mixed or unclassified type
    B)性腺芽腫 Gonadoblastoma
    C)その他の性腺腫瘍 Other gonadal tumors
     1.粘液性腫瘍 Mucinous tumor
     2.漿液性腫瘍 Serous tumor
     3.小細胞癌高カルシウム血症型 Small cell carcinoma, hypercalcemic type
  II.呼吸器・縦隔腫瘍
   イ.分類の方針
   ロ.病理学的所見の説明と文献的考察
    A)良性腫瘍および腫瘍類似病変
     1.胸壁過誤腫 Chest wall hamartoma
     2.先天性傍気管支筋線維芽細胞性腫瘍 Congenital peribronchial myofibroblastic tumor
     3.Fetal lung interstitial tumor
    B)境界悪性腫瘍
     1.炎症性筋線維芽細胞性腫瘍 Inflammatory myofibroblastic tumor(IMT)
     2.肺/縦隔ランゲルハンス細胞組織球症 Pulmonary/Mediastinal Langerhans cell histiocytosis
     3.EBV関連平滑筋腫瘍 EBV-associated smooth muscle tumor
    C)悪性腫瘍
     1.胸膜肺芽腫 Pleuropulmonary blastoma(PPB)
     2.肺カルチノイド Pulmonary carcinoid
     3.肺癌(NUT carcinomaを除く)Pulmonary carcinoma other than NUT carcinoma
     4.NUT carcinoma
  III.頭頸部領域の腫瘍
   イ.分類の方針
   ロ.病理学的所見の説明と文献的考察
    1.先天性顆粒細胞腫 Congenital granular cell tumor
    2.乳児黒色性神経外胚葉性腫瘍 Melanotic neuroectodermal tumor of infancy
    3.若年性喉頭乳頭腫症 Juvenile laryngeal papillomatosis
    4.軟骨間葉性過誤腫 Chondromesenchymal hamartoma
    5.唾液腺原基腫瘍 Salivary gland anlage tumor
    6.唾液腺芽腫 Sialoblastoma
    7.粘表皮癌 Mucoepidermoid carcinoma
    8.腺房細胞癌 Acinic cell carcinoma(ACC)
  IV.甲状腺腫瘍
   イ.分類の方針
   ロ.病理学的所見の説明(小児に多い組織型について)
    1.乳頭癌 Papillary carcinoma
    【小児に多い特殊型】
     (1) 濾胞型乳頭癌 Papillary carcinoma, follicular variant
     (2) びまん性硬化型乳頭癌 Papillary carcinoma, diffuse sclerosing variant
     (3) 充実型乳頭癌 Papillary carcinoma, solid variant
     (4) 篩型乳頭癌 Papillary carcinoma, cribriform variant
    2.濾胞癌 Follicular carcinoma
    3.髄様癌 Medullary carcinoma
    4.その他
     a)未分化癌 Undifferentiated(anaplastic)carcinoma
     b)低分化癌 Poorly differentiated carcinoma
   ハ.文献的考察
  V.副腎腫瘍
   イ.分類の方針
   ロ.病理学的所見の説明と文献的考察
    1.副腎皮質腫瘍 Adrenal cortical tumor
    2.褐色細胞腫 Pheochromocytoma
  VI.乳腺腫瘍
   イ.分類の方針
   ロ.病理学的所見の説明と文献的考察
    A)上皮性腫瘍
     1.分泌癌 Secretory carcinoma
    B)線維上皮性腫瘍
     1.線維腺腫 Fibroadenoma
     2.葉状腫瘍 Phyllodes tumor
    C)腫瘍様病変
     1.若年性乳頭腫症 Juvenile papillomatosis
     2.思春期過形成 Pubertal(juvenileまたはvirginal) hypertrophy
  VII.心臓腫瘍
   イ.分類の方針
   ロ.病理学的所見の説明と文献的考察
    1.心横紋筋腫 Cardiac rhabdomyoma
    2.心線維腫 Cardiac fibroma
    3.心奇形腫 Cardiac teratoma
  VIII.消化管腫瘍
   イ.分類の方針
   ロ.病理学的所見の説明と文献的考察
    1.ポイツ・イェガース症候群 Peutz-Jeghers syndrome
    2.若年性ポリープ/ポリポーシス Juvenile polyp/polyposis
    3.家族性大腸腺腫症 Familial adenomatous polyposis(FAP)
    4.腺癌 Adenocarcinoma
    5.消化管間質腫瘍 Gastrointestinal stromal tumor(GIST)
     a)GISTの組織所見
     b)悪性度の評価
     c)小児GIST の特徴
    6.その他の消化管間葉系腫瘍 Other mesenchymal tumor of the gastrointestinal tract
  IX.皮膚腫瘍
   イ.分類の方針
   ロ.病理学的所見の説明と文献的考察
    A)角化細胞性腫瘍および腫瘍類似病変 Keratinocytic tumors and tumor-like lesions
     1.表皮母斑 Epidermal nevus
     2.基底細胞癌 Basal cell carcinoma
     3.扁平上皮癌 Squamous cell carcinoma
    B)メラノサイト系腫瘍および腫瘍類似病変 Melanocytic tumors and tumor-like lesions
     1.先天性色素細胞性母斑 Congenital melanocytic nevus
     付.Proliferative nodules in congenital melanocytic nevus
     2.スピッツ母斑 Spitz nevus
     3.悪性黒色腫 Malignant melanoma
      a)通常型 common type
      b)小細胞型 small cell type
      c)Spitzoid型 Spitzoid type
     付. 先天性巨大色素細胞性母斑由来の悪性黒色腫 Melanoma arising in giant congenital melanocytic nevus
    C)付属器系腫瘍および腫瘍類似病変 Appendageal tumors and tumor-like lesions
     1.乳頭状汗管嚢胞腺腫 Syringocystadenoma papilliferum
     2.毛母腫 Pilomatricoma
     3.毛芽腫 Trichoblastoma/毛包上皮腫 Trichoepithelioma
     4.脂腺母斑 Sebaceous nevus
    D)リンパ造血系腫瘍 Hematolymphoid tumors
    E)間葉系腫瘍 Mesenchymal tumors

[3]小児の二次がん
 本シリーズの前身となる『小児腫瘍組織分類図譜』の刊行は、小児がんの全国登録の基準となる組織分類を作ることを目的に、日本小児科学会および日本小児外科学会の要請を受けて、日本病理学会の中に小児腫瘍組織分類委員会が設置されたことに始まる。全国から委員が選ばれ、1975年に小児肝癌・腎芽腫・神経芽腫群腫瘍の組織分類を内容とした第1篇が刊行され、以降胚細胞腫瘍・脳腫瘍などの図譜が、それらの改訂版を含めて相次いで発刊された。2002年に『小児腫瘍組織分類図譜』は『小児腫瘍組織カラーアトラス』という現代的な名前に変わった。その第1巻「悪性リンパ腫、白血病および関連病変」からは、その分類の基本をWHO分類において国際誌への投稿や国際共同研究への参加に対応しつつ、小児期に頻度の高い疾患に重点を置いて述べる形式をとっている。それに引き続いて第2巻「神経芽腫群腫瘍」、第3巻「骨軟部腫瘍」、第4巻「腎腫瘍」、第5巻「肝臓・胆嚢・膵臓腫瘍」、第6巻「中枢神経系腫瘍」と発刊を重ね、今回18年ぶりに胚細胞腫瘍の改訂に至った。
 近年のシリーズと同様に、最新のWHO分類を基盤としつつ、胚細胞腫瘍の他に、これまで扱われることがなかった臓器に生ずる小児腫瘍も取り上げ、既刊の1〜6巻と合わせて、小児腫瘍全体の病理組織画像を網羅することを目指した。このように小児腫瘍の全体を、臓器・組織ごとのシリーズとして扱ったアトラスは、世界的にみてもほとんど例をみないものと思われる。分子生物学的知見を中心とした新たな知識は日々蓄積され、概念の変遷はこれからも続くであろうが、全7巻をもって現在一般に認知されている小児腫瘍の基本的な病理組織画像は、ひととおり集積されたことになる。
 本アトラスの作成にあっては、1982年から継続されている日本病理学会小児腫瘍組織分類委員会症例検討会において検討された多くの症例により得られた知見が、大いに生かされている。また、小児専門医療機関以外の、成人の各種臓器の腫瘍にも詳しい先生方にも小委員会委員・協力者として加わっていただき、幅広い領域を過不足なく記載していただくことを目指した。長い間のご協力に心から感謝申し上げる。また、小委員会をまとめていただいた井上健小委員会委員長に深い敬意と感謝を表したい。この「胚細胞腫瘍およびその他の臓器特異的希少腫瘍カラーアトラス」により、病理医のみならず、小児科・小児外科など小児腫瘍の診療に携わる方々が、希少であるが非常に多様である本腫瘍群へのご理解をより深めていただければ、大変有難いことと思う。
 最後にあたり、本アトラスの作成にご協力いただいた金原出版(株)の関係各位に、またご支援をいただいた「がんの子どもを守る会」に深く御礼を申し上げる。

2017年4月
日本病理学会小児腫瘍組織分類委員会
委員長 田中 祐吉