小児腫瘍組織カラーアトラス 第5巻 肝臓・胆嚢・膵臓腫瘍

国際的な組織分類に基づき、新知見を踏まえて解説したアトラス。

編 著 日本病理学会小児腫瘍組織分類委員会
定 価 6,480円
(6,000円+税)
発行日 2010/06/30
ISBN 978-4-307-17060-4

B5判・112頁・図数:112枚・カラー図数:108枚

在庫状況 あり

臨床研究の国際化を考慮し、1998年に刊行された『新訂版 小児腫瘍組織分類図譜 第4篇 肝臓・胆嚢・膵臓腫瘍』を、WHOやAFIPなどの国際的な組織分類に準拠した新組織分類を採用して全面改訂した新版である。肝芽腫や膵腫瘍などを中心に新しい知見を取り入れて記述を充実させるとともに、組織写真も大幅な入れ替えと追加を行った。病理医のみならず、小児がんの臨床に携わる医師にも有用な病理アトラスである。
1.肝腫瘍
はじめに
 A.検索材料の取り扱い方
 B.小児肝腫瘍の組織学的分類
 C.組織学的分類の説明
  I.上皮性腫瘍および腫瘍類似病変 Epithelial tumors and tumor-like lesion
   A)悪性腫瘍 Malignant tumor
    イ.分類の方針
    ロ.病理所見の説明
     1.肝芽腫 Hepatoblastoma
      肉眼的所見
      基本的組織所見
       1)胎児型 Fetal type
        a)Well-differentiated subtype(Pure fetal type)
        b)Mitotically active subtype(Crowded fetal type)
       2)胎芽型 Embryonal type
       3)胎児・胎芽混在型 Combined fetal and embryonal type
       4)大索状型 Macrotrabecular type
       5)未分化小細胞型 Small cell undifferentiated type
       6)上皮・間葉混合型 Mixed epithelial and mesenchymal type
        a)Simple subtype
        b)Teratoid subtype
       7)肝芽腫の特殊例と肝芽腫関連病変
      附1)肝芽腫における免疫組織学的マーカー
      附2)肝芽腫における臨床病理学的事項
        i)肝芽腫の進展と転移
        ii)肝芽腫の病期とPRETEXT(Pre-treatment extent of disease)
        iii)肝芽腫の予後
      附3)肝芽腫の組織発生−特に Liver stem cellsのかかわり−
     2.肝細胞癌 Hepatocellular carcinoma
      特殊型:Fibrolamellar carcinoma
     3.肝内胆管細胞癌 Intrahepatic cholangiocarcinoma
     4.肝細胞癌・胆管細胞癌の合併 Combined hepatocellular carcinoma and cholangiocarcinoma
    ハ.文献的考察
   B)良性腫瘍および腫瘍類似病変 Benign tumors and tumor-like lesions
    イ.分類の方針
    ロ.病理所見の説明
     1.肝細胞腺腫 Hepatocellular adenoma
     2.限局性結節性過形成Focal nodular Hyperplasia(FNH)
     3.結節性再生性過形成 Nodular regenerative hyperplasia
     4.腺腫様過形成Adenomatous hyperplasia(Dysplastic nodule)
     5.その他 Others
    ハ.文献的考察

  II.非上皮性腫瘍 Non-epithelial tumors
   A)悪性腫瘍 Malignant tumors
    病理所見の説明および文献的考察
    1.胎児性肉腫 Embryonal sarcoma(未分化肉腫Undifferentiated sarcoma)
    2.類上皮血管内皮腫 Epithelioid hemangioendothelioma
    3.血管肉腫 Angiosarcoma
    4.横紋筋肉腫 Rhabdomyosarcoma
    5.ラブドイド腫瘍 Rhabdoid tumor
    6.悪性リンパ腫 Malignant lymphoma
    7.平滑筋肉腫 Leiomyosarcoma
   B)良性腫瘍 Benign tumors
    病理所見の説明および文献的考察
     1.間葉性過誤腫 Mesenchymal hamartoma
     2.乳児血管内皮腫 Infantile hemangioendothelioma
     3.海綿状血管腫 Cavernous hemangioma
     4.リンパ管腫 Lymphangioma

  III.その他の肝原発腫瘍および腫瘍類似病変 Miscellaneous tumors and tumor-like lesions
    病理所見の説明および文献的考察
     1.Nested stromal and epithelial tumor of the liver(Desmoplastic nested spindle cell tumor of the liver)
     2.胚細胞腫瘍 Germ cell tumors
     3.炎症性筋線維芽細胞性腫瘍 Inflammatory myofibroblastic tumor
     4.胞性病変 Cystic lesions

  IV.転移性腫瘍 Metastatic tumor

2.胆嚢および肝外胆管腫瘍
 はじめに
 A.検索材料の取り扱い方
 B.小児胆嚢および肝外胆管腫瘍の組織学的分類
 C.組織学的分類の説明および文献的考察
  1.胆管癌、他 Cholangiocarcinoma and others
  2.乳頭腫症 Papillomatosis
  3.ポリープ、その他
  4.横紋筋肉腫 Rhabdomyosarcoma

3.膵腫瘍
 はじめに
 A.検索材料の取り扱い方
 B.小児膵腫瘍の組織学的分類
 C.組織学的分類の説明
  I.上皮性腫瘍および腫瘍類似病変 Epithelial tumors and tumor-like lesions
   A)外分泌腫瘍 Tumors of the exocrine pancreas
    イ.分類の方針
    ロ.病理所見の説明
     1.膵芽腫 Pancreatoblastoma
     2.Solid-pseudopapillary neoplasm
     3.腺房細胞癌 Acinar cell carcinoma
     4.膵管癌 Ductal carcinoma
     5.その他 Others
    ハ.文献的考察
   B)内分泌腫瘍および腫瘍類似病変
    イ.分類の方針
    ロ.病理所見の説明
     1.高分化型内分泌腫瘍 Well-differentiated endocrine tumor
     2.内分泌癌 Endocrine carcinoma
     3.外分泌 -内分泌混合癌 Mixed exocrine-endocrine carcinoma
     4.先天性高インスリン血症 Congenital hyperinsulinism(膵島細胞症Nesidioblastosis)
      a.限局型 Focal form
      b.びまん型 Diffuse form
    ハ.文献的考察

  II.非上皮性およびその他の腫瘍 Non-epithelial and miscellaneous tumors

文献

図譜

小児固形悪性腫瘍治療効果の組織学的判定基準